春日野部屋暴行問題で、味覚障害を巡る疑問点。業界再生のためにも、まずは事実を。

もう不祥事に慣れてしまった。
今度は一体何なのだ。
春日野、か。

もう、そんな受け止め方になってしまっている。
大相撲は改めねばならない。未来のために、早急に。

大相撲人気は根強い。これだけ不祥事が有ってもファンは足を運び、テレビの視聴率も18パーセントを記録している。だが、それは今のことだ。

10年後、20年後。
若貴すら知らない層が多くなる時代がそこまでやって来ている。彼らは朝青龍の時代の不祥事と、日馬富士の時代の不祥事の両方を通過している層だ。

今の人気に安心し、手立てを打たねば業界として没落する日はもうそこまで来ていると私は思う。暴力が蔓延り、内輪の理屈で全てを収める大相撲など、世の中が求めていないのだ。

次々と不祥事が明らかになり、もう私はショックすら受けていない。事実を目の当たりにして、ただ立ち尽くしている。憤るでも悲しむでもなく、呆然としている。だから、不祥事を一つ一つ掘り下げて、何をどうするべきか考える気力も沸かない。

相撲が叩かれる様を横目に見て、ひっそりと生きるしかない。
そういう状況だ。

ただ一つ、春日野部屋の騒動で分からないことがある。
どうやら報道と事実は異なる点があるということだ。

被害者は味覚障害があると言う。
だが、過去のSNSではそのようには見えない。

一体何故、このようなことが起きるのか。
貴ノ岩の時もそうだった。

何故一方的な被害者という立場を作り、そこから叩こうとするのか。調べれば事実は明らかになるのに、事実とは異なることが記事になる。そしてそれはあたかも事実のように取り上げられる。人々はそれを事実と認識する。事実が明らかになっても、彼らに届くことはない。

このようなことは、最初に調べた段階で分かることだ。だがそれをしない。もはや相撲は弁解の余地の無い業界であることは間違いないが、新たな燃料を得て、坂上忍や立川志らくが叩く。そして星野智幸が差別を声高に叫ぶ。

もう、たくさんだ。
不祥事も、適当な報道も。

直すべきは直す。だが、悪い業界だからといって何を言ってもいいわけではない。事実を材料にせねば、何を直せば良いのかも分からない。メディアの玩具の現状では、何も解決しないのである。

業界再生のためにも、まずは事実を。
疲れ果てた私に言えるのは、それだけである。

◆トークライブのお知らせ◆
2月4日18時より錦糸町丸井のすみだ産業会館でトークライブ「第5回幕内相撲の知ってるつもり⁉︎」を開催します。今回も週末に実施しますので、皆様奮ってご参加ください。テーマは「横綱とは何ぞや」です。

トークライブの予約サイトはこちら。

春日野部屋暴行問題で、味覚障害を巡る疑問点。業界再生のためにも、まずは事実を。” に対して 5 件のコメントがあります

  1. トモ より:

    春日野部屋の件は傷害が刑事事件になったため、当の兄弟子が責任を取って辞めた、ということはマスコミもずっと前から承知していたはずです。なぜならこの兄弟子は入門時65キロ程度しかなく、話題になって新聞にも出ていました。春日野部屋の稽古ではいつもその小ささで頑張る姿がひときわ目だっていました。その力士が辞めたことに対してマスコミがなにも取材していないというのは不自然です。また他の部屋の所属力士も「傷害の問題が理事会にかけられて辞めた」と特に隠すこともなく春日野部屋の力士から聞いて、ずっと前から知っていたとのことです。理事選を控えた今になって急に記事になるのは何か意図を感じざるを得ません。

  2. T より:

    被害者のアカウントらしきもの拝見しました
    裏付けがない以上味覚障害に関しては今は触れないほうが得策でしょう
    ただ暴力行為は論外ですしそれの報告があったかどうかもまだ分からないことだらけです
    そこに関する情報は色々と出てくるでしょう

    少し話は逸れますが「普通」ならマスコミはしっかり事実確認してそのうえで責任を持って報道し我々も報道を鵜呑みにせずそれが事実かどうかしっかり調べるのでしょうけどどちらも何もしてないですよね
    国民性が低俗だと言った人がいましたがそうなっているのが悲しい限りです
    「普通」の人はサイレントマジョリティだと信じたいですけどどうなんでしょうか

  3. shin2 より:

    「文春砲」も、芸能人の不倫には炸裂しても、週刊文春に連載を持っている作家や広告を出してる企業の不正は巧みに避ける。
    日本相撲協会は、公益法人の肩書がなければ、従業員1000人程度の吹けば飛ぶよな団体だ。しかも有名人はゴロゴロいる。

    いま日本から大相撲がなくなっても、困るのは相撲協会関係者とファンだけだ。プロ野球やJリーグに比べれば微々たる人数だ。一般の日本人の日常生活に深刻な影響が出るわけではない。「東京の大雪」以下の存在なんだろう。
    「だから『メディアの玩具』にしているんだ」と言われりゃ返す言葉もない。「マスコミさん、お仕事頑張ってね」としか言えない。

    ただ「暴行の後遺症で味覚を消失」した被害者男性のツイッターのプロフィールが、
    >>元、力士→現、株式会社プロジェクトMの正社員でMura Bar(ムラバル)葛西店(ピザ&オイスターバー)→肉の村山行徳店(ステーキ専門店)→もんちっ家西葛西店(もんじゃ&お好み焼き) 俺は、全てのアイドルを応援するモノノフなのである!
    なんで味覚を消失してるのに、ピザ屋やステーキ専門店やもんじゃ屋に再就職してるのか。
    さすがに都合の悪いツイートは削除しているが、スクショ撮ってる人(元春日野部屋の力士らしい)がいて
    >>昨日からなんか春日野部屋のニュースが流れてるみたいやけど、被害受けた方は味覚障害?ちゃんとこういうの見てから報道してるんすかね?味覚障害ならこんなコメントできませんよね?
    >>https://twitter.com/n_k_tochiimari/status/956364135339515905
    暴行は勿論良くないが、嘘吐きも良くないと思う。

    理事選の2月2日まであと1週間だが、まだこんなことが続くのか。
    栃ノ心が優勝したら、師匠の春日野親方はカメラの前に出てこられるだろうか。初日の日馬富士の優勝額除幕式で、伊勢ヶ濱親方は出てこられなかった。
    栃ノ心が大ケガで幕下下位まで陥落して復活したエピソードより、春日野親方の暴行隠蔽疑惑のほうが優先されるのか。

  4. shin2 より:

    しまった。
    相撲ファンにとっては「春日野アイアン親方」は一般常識だが、一般人は覚えていない。てか、知らない。
    栃ノ心が優勝(もうマジック1だ。明日にも決まる)すれば「アイアンの件」も蒸し返される。
    アイアンは隠蔽してないし、親方、厳重注意も受けているが、インパクトは絶大だ。
    「味覚障害」をリークした人物が、ここまで考えていたとしたら、相当頭の切れる人だろう。

    もうジョージアから栃ノ心の奥さんと赤ちゃん呼んで「涙の対面」させよう。赤ちゃんは無敵だ。

  5. ぴよぴよ より:

    初めてコメントします。スポナビのころから読んでいます。

    いまさらメディアに正義感や倫理観を求めるのは無駄でしょう。あえて言えばメディアはつまらない事実では飯は食えないし、それ以上にそのニュースは事実ではないというニュースすらも出てくるように、ニュースの量や発信元が圧倒的に増えたことが原因だと思いますが。

    ただ、幸いなのは、若貴を知らない世代のすぐ下は、メディアなんてそんなもんだとわかっている世代です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)