【告知】横綱審議委員会審議委員を募集します。

最近横綱審議委員会の動向が沈静化しており、
横綱審議委員会審議委員としても
活動が停滞してしまっている。
ご存知無い方のために再度説明しておくと
横綱審議委員会審議委員会とは、
その名の通り横綱審議委員会の活動を審議するための
委員会である。
そもそもの動機が、横綱審議委員会が
横綱は常に13勝2敗程度の成績を残さねばならない、
休場してはならない、品格を保たねばならない、という
正義を振りかざして横綱を追い込む様に対して
異を唱えたいということなのだ。
品格という言葉に縛られた朝青龍は頑なになり、
結果として更なる暴走を呼んでしまった。
怪我をした貴乃花を批判した結果、
強行出場を促して土俵人生を縮めてしまった。
横綱審議委員会の発言は誌面に載りやすく、
また新聞社としてもこうした意見を
煽る傾向にあるので、気が付くと彼らの意見が
世論になることも多々ある。
でも、よく考えてほしい。


何故横綱がナベツネだのエビ様だのに
叱咤されなければいけないのか。
何故読売新聞もNHKもロクに運営できない人間に
土俵上の神様を評論されなければならないのか。
彼らの発言は、お爺ちゃんがテレビを目の前にして
好きな相撲を見ながら愚痴っているレベルに過ぎない。
そんなお爺ちゃんが家に居たら、我々はどうするか。
まともに相手にするだろうか?
否。
適当に聞き流すではないか。
横綱審議委員会の意見と言うのはそれと同じように、
適当に聞き流すスタンスで居れば問題無いのだが、
権威が付くことによってお爺ちゃんの意見から
強者の論理へと変質する。
だからこそ、私は「王様は裸」ということを主張するため
横綱審議委員会を審議する立場を取り始めたのである。
幸いにも何名かが同じように横審審議委員になりたい
ということでブログで記事をアップしてくださっている。
また、この珍妙なコンセプトとネーミングのせいか、
私の想像を上回るような権威を持った方からも
メッセージを頂いている。
そこで、横綱審議委員会審議委員会を開催しようと思う。
全国に散らばる委員が一か所に集うのは難しいので
オンライン上で話し合うことによって意見交換し、
横審審議委員会としての意見を定期的に発信することを考えている。
まずは、横綱審議委員会審議委員会として
どのようなコンセプトで活動していくか、
方針を決めていきたいと思う。
既に横審審議委員として記事を書いてくださっている方も、
そうでない方も、我こそは、と言う方が居れば
私宛にメールして欲しい。(katsu2440tk@yahoo.co.jp)
人数が集まったところで、方針決定のための
準備委員会を開催する。
参加資格は特に無いので、奮ってのご参加を願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)