呼出は実力主義ではなく、年功序列?音を絶妙に外し続ける呼出、「J問題」に如何に向き合うべきなのか。今考える。

大相撲が、凄い。
観客動員や人気の高まりという結果でその凄さが語られがちだが、これはあくまでも結果である。この人気を呼び込んだのは一体何か。一言で現せば「企業努力」ということであろう。
例えば、力士。
魅力的なキャラクターを持つ力士達が技を磨き、日々ギリギリの闘いに身を投じる。誰も地位が保証されていない上に、外国人力士や学生相撲出身力士といった強力なバックボーンを持つ者が次から次へと登場するので、現状維持では番付を落としてしまう。
土俵の充実は、偏に力士達の「企業努力」に依るところが非常に大きい訳である。
例えば、営業。
北の湖理事長や八角親方の口癖が「頭を下げるのはタダだから」という話を人伝に聞いたのだが、新規顧客の獲得や既存顧客の継続利用のために彼ら廻組がフットワーク軽く動いているのだという。そこには元横綱のプライドなど無い。相撲界のために自分を殺し、下げたくない頭を下げ、作りたくもない笑顔を作る。
観客動員増加の影には、親方達の「企業努力」が確かに存在している。彼らをそこまで動かすのは当然自分のためでもあるが、相撲界がどん底に落ちたあの日の記憶が深い傷として残っているからだろう。
各自が相撲の為に考え、努力し、行動を起こす。中には上手くいかないことも有るかもしれないが、このようなスタンスである限り悪い結果ばかりが続くことは想像し難い。相撲界は今、各自の企業努力のお陰で確実に良いサイクルが回っている。
だが相撲界で唯一、残念なことに不満が残ることが有る。
それは、呼出である。
当然私は全員の努力が足りないと言いたい訳ではない。素晴らしい声を披露して下さる方も多い。聞き惚れることもしばしばである。彼らの名調子で力士が登場すれば、その一番に対する気持ちも次第に高まる。
彼らはボクシングで言うところのリングアナウンサーだ。彼らが力士の名前を読み上げなければ取組は始まらない。そんな中、国技館に足を運べば分かることなのだが、なんと毎日のように音を外してしまう呼出が存在している。嘘だと思う方も多いと思う。彼らは名前を読み上げるプロだ。よもや伝統文化の相撲にそのような失態を犯し続ける呼び出しなど存在しないと思うことだろう。
だが、これは事実だ。
毎日呼び出していれば音が取れる日も有ると思うだろう。音を外すのだから、更に外した結果、音が合ってしまう日も有ると思うだろう。だが、彼の場合は安定して音を外し続ける。ある意味奇跡のような存在だ。
力士は勝てば番付が上がる。
行司はミスなく裁けばランクが上がる。
しかし、呼出に関してはそれが無い。基本的に年功序列なのである。一日国技館に居れば分かると思うが、序二段や三段目の若手呼出であっても非常に上手い者も居る。反面で十両や幕内でも聞いていて不安になる呼出も複数居る。
このことからも分かるように、呼び出しの上手さと立場は比例しないのである。そのことが私は不満だった。ちなみに私はこの問題のことを「J問題」と呼んでいる。理由は察してほしい。
だからこそ、実力が伴わない呼出が出てくると立腹していた。何故ヘタクソに対してこちらが気を遣わねばならないのか。
呼び出すプロが音痴というのは一体どういうことなのか。これでは飯のマズい食堂や、面白いことを一つも言えない芸人、いやげものばかりを売りつける某所の土産物屋も同然ではないか。
とはいえ、楽しい相撲観戦をそんな些細なことで自ら台無しにするのは結局つまらない。そこで私は編み出したのは、このヘタクソを愛でてしまうということなのである。
腹を立てるのではなく、笑ってしまえば良い。ヘタというのは愛すべきことでもある。プロだからかく在るべきである、という観念を捨ててしまえば厳粛な場にとてつもない音痴というだけで相当笑える。
腹を立てても仕方ないじゃないか。
ヘタクソなんだから。
これをするようになってから、私の中で大きな変化が生じた。
彼らの登場を渇望するようになったのである。
1日2回しかこの絶妙な呼び出しを聞けないのが逆に不満であり、出番が終了した後でもう一度聞きたいと思うようになってしまったのだ。逆に普通に上手い呼び出しが登場すると、面白くないことが不満なのである。最近私は「呼出が普通に上手くてどうすんだよ」とさえ考えるようになった。私も何を言っているかよく分からないが、完全に価値基準が崩壊してしまったことは間違いない。
友人の間でもこの「J問題」は意見の別れるところで、一周回って楽しむ派と本気で怒る派に大別される。本来は本気で怒る派10割のはずなのに、かなりの数の相撲ファンが一周回っている時点でこの問題の闇の深さを感じざるを得ないところだ。
だが一つ言えること。
このシステムを採用している以上、300年の興行の中で恐らく数回はこの「J問題」が浮上している筈なのだ。
そう。
「J問題」も含めて大相撲なのである。
◇お知らせ◇
幕下相撲の知られざる世界のFacebookページはこちら。
限定情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)