八角部屋の稽古を見学してみた。part3 「八角部屋と、隠岐の海。」

相撲部屋のカラーを分類すると盛り上げ方、稽古に対する向き合い方という2軸がある、という話を前回記した。
前評判として八角部屋は激しい稽古を行うという噂は聞いていたが、北勝富士や池川という学生相撲で実績ある力士が最近入門したことを考えると、旧態依然としたカラーを持つ部屋であるとは少し考え難いと考えていた。
序二段から三段目の力士が汗を流す中で、八角親方不在の土俵を仕切るのは少し意外な人物だった。
そう。
隠岐の海だったのである。
名前も分からない、まだ髷も結えない若手力士を相手に、少し耳を澄まさねば聴き取れないような声量で指導する。
いや、隠岐の海はここで指導らしい指導はしていない。とにかく、彼に対して稽古を強いるのである。同じ若手力士に対して、負けても勝っても続けて取らせる。
少しでも土俵に戻るのが遅ければ、厳しい声が掛けられる。
不甲斐ない相撲を取れば、やはり厳しい声が掛けられる。
隠岐の海は、内容が良くても殆ど褒めることはない。私が知っている限りでは、悪い時に厳しくても内容が良ければ多少なりとも褒めることで活気が生み出されるのが、相撲部屋の稽古をというものだった。
だが、隠岐の海は褒めない。
表情が崩れることは一切無い。
息が上がる。
良くても悪くても、厳しい態度は崩れない。
同じ相手と10番闘っても終わらない。
更に息が上がる。
当然勝負が決した後で、立ち上がって土俵に戻るのに時間を要するようになる。
怒号を飛ばす。
蹴りを入れる。
髷を掴む。
外国人観光客が顔を見合わせる。そんな様子に、彼らはなにを思うのだろうか。断じて虐待ではないのだが、そう言われたとしたらどう弁解すれば良いのだろうか。蹴られている本人がそれを望んでいると説明したら、相撲部屋はカルトの一種だと疑われるのではないだろうか。強くなるために彼らは耐えていると言っても、その言葉を正面から受け止められるのだろうか。
私はもう彼らが何番連続で取り続けたか、分からなくなっていた。20番はゆうに超えている。
疲れれば、動きが落ちる。動きが落ちる中で無駄な動きが無くなり、コツを掴む。もしくはコツが掴めないながらも、トライアンドエラーを繰り返す。だから、強いるタイプの稽古というのは見た目が苦しい上に変化が見えにくいものだと私は思っていた。
隠岐の海が喝を入れる。
最初は同じミスを繰り返す。
厳しい声が掛けられ続け、息が上がる。
どう見ても、凄惨な光景だ。
だが、不思議なことが起こっていた。
彼らの稽古は、番数をこなす毎に動きが良くなっているのである。
肘を腹に入れるように当たる。それまで顔を仰け反りながら前みつを取ろうとしていたために当り負けていたのだが、激しさと技術が一体化した結果、差し手争いで勝てるようになった。ただ、体力が切れているので、そこから崩れてしまう。
心なしか、隠岐の海も穏やかな表情を見せるようになった。なお八角親方もこの頃には降りてきて、柔軟体操を入念に行なっていた。
八角部屋は殺伐とした雰囲気の中、激しい稽古を強いられながらも、確実に強くなる。そういう部屋だ。この方針は今、流行らないのかもしれない。
誰しも激しい稽古は強いられたくはない。そして、怖い先輩力士に厳しい目を向けられたくはない。自主的に稽古する部屋から関取が多く輩出されていることを考えても、指導方法が曲がり角を迎えているのは間違いない。
だが。
それでも、このような稽古を乗り越えた力士にこそ、私は強くなってほしいし、強く在ってほしい。泥に塗れながら、逃げる心を乗り越えた先にある強さに惹かれるのだと思う。相撲の稽古を見て感じるところが有るのは、強さを掴むプロセスが見えるからではないかと思うのである。
稽古後、外国人観光客の大半が、大岩戸を相手に写真撮影を所望していた。笑顔で応じる大岩戸。そして、外国人。この凄惨な光景を目の当たりにしながらも笑顔でいられるのだから、彼らにも伝わったのだ。
八角部屋は、頭打ちの力士が多い。これだけ激しい稽古に取り組みながら、前に進みながら、その成果が如実に出ているとは言い難い。
彼らですら頭打ちになるのが、大相撲の厳しさだ。等しく強さを求めて力士が切磋琢磨している。だから、思い入れを抱く全ての者が成功するとは限らない。
それでも、私は今まで見てきた全ての力士に成功してほしいと思う。八角部屋の力士も、その中の一つに入ったことを嬉しく思いながら、思い入れを抱く力士同士の対戦が増えてしまったことを複雑に思い、帰路につくのだった。
◇Facebookサイト◇
幕下相撲の知られざる世界のFacebookページはこちら。
◇Instagram◇
幕下相撲の知られざる世界のInstagramページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)