【取組速報】2011年7月場所 吐合 5日目(VS 大雷童)

連勝で2勝2敗のタイに戻し、
負け越し濃厚のところから生還した吐合。
吐合が泥臭く(恐らく)勝ちを拾い、
死屍を喰らい、激しい生存競争の中
食物連鎖の踏み台となることを
拒絶し続ける中で、何と
東龍 VS 希帆ノ海
碧天 VS 慶
という
吐合を通り過ぎた男達の
仁義無き戦いが繰り広げられていた。
今回の敵は大雷童。


10代の期待のホープ的な
印象を受ける、スケール感はあるが
ややダサい。
が、それはそれで味と言えなくもない
大雷童。
今年で31歳になる大雷童だが、
十両経験も4場所ある実力派である。
しかし、十両定着は成らず、
幕下の上位を行ったり来たりするレベルを
抜け切れずにいる。
本人も自らのスペックの中で最大限に
努力しているのだろうが、
この辺りの地位となると誰もが実力派なので
一つ抜け出さなくてはジリ貧なのである。
ちなみに本人も親方もどうにか
そういう流れを変えたいという思いが有るようで、
ここ数年で
雷童

大雷童

雷童

大雷童
という改名後再度同じ名前に落ち着くという
相撲同様の迷走を続けているわけである。
さて、そんな取組の結果は…
残念!
吐合、敗れる!
普通幕下の取組についてはほぼ情報が無いはずの
ツイッターでもこの熱戦は印象的だったらしく、
激しい突き押しを繰り広げた末に
大雷童が勝利を掴んだということらしい。
互いに体格に恵まれていない同士では有るが、
140キロと120キロの差が最後に
出てしまったというところだろうか。
もう後は連勝しかない。
Let’s 吐合!
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)