幕下相撲啓蒙月間:幕下力士・吐合の5月場所を通じて、幕下相撲を知る。4日目:大神風

幕下相撲とは、何者かに成ろうとする男達の
最後の試練の場である。
人生するかしないかの瀬戸際で、
することを選んだ120人のロッキー達が、
勝つことでしか自己表現できない世界で
己の全てを賭けて闘う。
そこには人間らしい弱さも有る。
その大部分が挫折して辞めていく現状も有る。
だからこそ、私はそこに惹かれる。
幕下相撲とは、私達なのである。
4日目の相手は、大神風。
…すみません。正直知りません。
安芸ノ島の高田川部屋の、24歳の力士。
基本的には三段目での力士人生だが、
ここ1年で幕下にも顔を覗かせつつある、
遅咲きの力士。
諦めずに日々の鍛錬を行っていることが伺える。
今時珍しい、中卒叩き上げ。
こう言うと、なんだか感情移入も出来るというものだ。
ちなみに彼は、とにかく改名が多い。


前田 一輝
→ 前神風 一輝
→ 輝錦 一太郎
→ 威力 太郎
→ 前神風 勝輝
→ 神風力 一輝
→ 大神風 一輝
…輝錦だけが、流れを汲んでいないのが
逆にそそる。
気になる体格は、小兵の部類だ。
いける!

さて、立ち合い。
小さい大神風を受け止める吐合。
張って相手を押し込む。
離れたところで身体を密着させ、
左を差す。
こうなれば吐合だ。
一気に押し込む。
速攻炸裂。
吐合圧勝である。
思い切りの良さが戻ってきたか、
直線的に突き押しに出る形を取っている。
自分よりも小さい相手だからこそ出来た相撲なのかもしれない。
大きな相手だとしたら、あそこまで押しに特化したところで
身体が残っていれば土俵に落ちるだけである。
だが、今日の相撲には迷いの無い、
自分の意思が見えた。
私は、こういう相撲が見たかったのだ。
文句なしで、今年一番の相撲だ。
難しい相撲を難しい番付で取る中で、
ようやく見えた光明。
スピードと下半身の粘りが一時期を考えると
少し失われてきた中で、それでも勇気を持って
今の自分に出来る最大限の相撲を取る。
上を観るだけでは分からない、
生き方が存分に現れた相撲。
良かった。
とにかく良かった。
あと2番である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)