白鵬は、大砂嵐のカチ上げにどう向き合うのか?カチ上げを受け止めることでしか、周囲を黙らせられない理由を考える。

大砂嵐が、序盤戦の台風の目になっている。
鶴竜と日馬富士を初対戦で撃破したこともさることながら、
今回の論点となるのは、カチ上げに他ならない。
今場所は立ち合いでその強烈なエルボースマッシュ、
カチ上げを見せる。
先場所上位力士を相手に実績を残した千代鳳を
一撃でノックアウトしている。
重要なのは、単に上位を相手に実績を残しているからではない。
上位を相手に、カチ上げをしていることなのだ。
このカチ上げが有ることによって
大砂嵐は自分のペースで相撲を取っている。
横綱といえど、こうなるとカチ上げ対策をせざるを得ない。
ここで実に面白かったのが、各力士のカチ上げ対策だ。
稀勢の里は、カチ上げを受け止めた。
鶴竜は、カチ上げを交わした。
そして日馬富士は、カチ上げを出させなかった。
そして勝利したのは、稀勢の里だけなのである。
鶴竜も日馬富士も普段と異なる相撲を取り、そして自滅した。
これは彼らが他の力士の土俵で相撲を取り慣れていないが故の
敗戦と言えるだろう。
ここで気になるのは、白鵬だ。
白鵬は、カチ上げにどう対処するのか。
今の白鵬は、どこかズレてきていることは間違いない。
先日も記事にしたことだが、所作の多くが
全て正当化できないところまで来ている。
そしてそうした態度に対して、疑問の声が上がっている。
これは、白鵬が先場所の後に素晴らしい人間としての
側面を見せたことが大きく作用している。
土俵上の白鵬と、土俵を降りた白鵬は、あまりに違い過ぎるのだ。
人間白鵬が素晴らしすぎるために、その人間性と
精神性を土俵にも求めていることが、
我々の戸惑いを生む結果となっている。
他の横綱も同じことをしているのに、白鵬だけ何故責められるのか、
というのはそういう意味で違うのである。
そんな白鵬が、大砂嵐と対戦する。
今までの白鵬は、後の先の相撲ということで
相手の全てを受け止めたうえで自分が勝るという相撲を目指してきた。
そして多くの人々が、白鵬の相撲はそのようなものだと理解している。
白鵬本人が双葉山や大鵬の名前を出していることも、
それに拍車を掛けている。
だが最近の白鵬に対して、多くの力士は自分の相撲を出せていない。
最近上位に上ってきた力士、そして
今上位に君臨している力士達は、白鵬が相手だと
どこか遠慮がちに対戦してきた。
つまり、白鵬のペースに合わせてしまっていたのだ。
そしてそれこそが、正当化し難い態度を見せる要因となっている。
白鵬が横綱らしからぬ攻撃性を見せることによって、
下位の力士達は慄き、勝負はこの時点で決する。
攻撃性を見せなくても、相手が消極的なので労せずして勝利を収める。
そして思い出したように攻撃性を見せて、他の力士を牽制する。
今の白鵬は、相撲の面でも態度の面でも誰も止められない。
恐らく白鵬が大砂嵐のカチ上げを受け止める以外の方法で
勝ったとしたら、一定数の批判を受けることだろう。
それはその戦術が正しいか否か、という論点ではない。
今の白鵬の態度は、世間が考える横綱の在り方から逸れた時、
「それ見たことか」と言われかねないものだということである。
その批判は、白鵬を大いに傷つけることだろう。
そして恐らく、優勝争いが千秋楽までもつれた時に
日馬富士コールを引き起こす要因となるだろう。
私は日馬富士コールを肯定しない。
だが残念なことに、そういう白鵬を倒してほしいという想いを
かなりの数の方が抱いているのは事実である。
誰もが傷つかないためにも、大砂嵐戦は本当に重要なのだ。
ここで問われているのはつまり、
白鵬は大砂嵐を受け止めるだけの気概が有るか?
ということだ。
双葉山ならどうしたか?
大鵬ならどうしたか?
少なくとも立ち合いの駆け引き一発で勝負を決めたり、
攻撃性を剥き出しにして威嚇することで、
大砂嵐を止めるようなことはしないはずだ。
もし彼が、そうした先人たちを目指し続けるのであれば、
分かりやすい形でそのメッセージを見せてほしい。
もう土俵外の白鵬と、土俵上の白鵬が同一人物だと考える人は少ない。
そうしたズレに、皆気付いている。
自分の力を正面からぶつけてくる大砂嵐に
正面から向き合うことでしか、黙らせる方法は無い。
大砂嵐という劇薬に、どう向き合うか。
我々は白鵬の全てを凝視している。
土俵上ではその人物の生き様が全て現れる。
今の白鵬は、どのような生き様を見せるのか。
注目である。
◇お知らせ◇
幕下相撲の知られざる世界のFacebookページはこちら。
限定情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)