過去の栄光。

吐合という名に強いこだわりを持ち、
北の湖部屋にも関わらず、北ナントカの襲名に背を向けて
本名で勝負する吐合。
何というメンタリティだろうか。
名前を初めて見た時は、正直言ってつんくが
モーニング娘。
と命名した瞬間を思い出したのだが、
考えてみるとこんな方がいいのかもしれない。


何故なら私は吐合という名前故に
彼自身に対して興味を持ち、こうして経歴を調べている。
かつて私が力士の経歴をwikipediaで調べた事例は
あまりの稽古嫌いのせいで親方から匙を投げられ、
「酒と相撲とどっちを取るんだ!」と凄まれた揚句、
酒はやめられない
という名言と共に廃業した南海龍にまでさかのぼらねばならない。
私にとって南海龍以来のインパクトたる吐合。
プロレス入りしてドラゴンこと藤波辰巳率いる
ドラゴンボンバーズのメンバーになるも、
やっぱり長続きしなかった南海龍。
・・・一応説明しておくと、当方は1980年生まれの30歳である。
閑話休題。
私は吐合を再度調べてみると、
彼を彩るもう一つの個性が有ることに気付いた。
そう。
吐合はエリートだったのである。
幕下で相撲を取っているのにエリートとはどういうことなのか?
幕下と言っている時点で既にエリートでない!
そういう方も居ると思う。
誤解が無いように付け加えると、
吐合は元エリートである。
元が付くと一気に亜流感が漂い始める。
森元首相。
元上流階級ことびんぼっちゃま。
元新加勢大周こと坂本一生。
元という言葉が付くだけで、一気に過去の栄光について
レッテルを貼られる印象を抱くわけだが、
吐合の場合は事情が異なる。
そう。
元学生横綱なのである。
続く。

過去の栄光。” に対して 3 件のコメントがあります

  1. 砂希納言 より:

    お邪魔しま~す!
    相変わらずの毒舌ぶりに、懐かしい心地がします♪
    相撲は全然見ないのですが、ブログを読むと勉強になりますね。
    ひとまず、吐合だけはおぼえられるし(笑)
    また来ま~す!
    これからも頑張ってください。

  2. 夕焼け より:

    こんばんわ
    >北の湖部屋にも関わらず、北ナントカの襲名に背を向けて
    本名で勝負する吐合。何というメンタリティだろうか。
    そういう部分がいかにも吐合らしいってのかな?彼の魅力のひとつでもありますよね。
    >モーニング娘
    管理人殿の年齢が30って事は、モー娘とかモロに青春直撃世代なんじゃありません?太陽とシスコムーンとか?坂本一生はもっと上の世代のネタとは思うけど・・・よく知ってますね^^
    ネタは「びんぼっちゃま」だけが分かりませんでした。僕の世代ってよしりん谷間の時期なんですよねぇ。東大一直線は上の世代だし、おぼっちゃまくんは下の世代だし。「ゴー宣」は今も書いてるのは知ってるんですが・・・^^

  3. Nihiljapk より:

    >砂希納言さん
    コメントありがとうございます。
    こちらにまでお越しくださって感激です。
    辛辣と小ネタと考察のバランスが売りなんで、
    何がネタでもストーリー展開はこんな感じになりますw
    というわけで今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)