吐合、デビュー。

学生横綱でありながら事もあろうに
高校横綱に連敗した吐合。
本来であれば高校横綱の澤井(豪栄道)を
賞賛する声で湧きかえるはずなのだが、
その澤井も全日本タイトルを取ることは無かった。


つまり、吐合が破れたのは澤井という怪物故である、
という悲劇のストーリーすらも成立しなかったのである。
単に実力が足りないための醜態であるという
レッテルを学生横綱故に張られた吐合。
確かに考えてみると、学生横綱でなければ
高校生に破れることもさほど話題にならなかった。
このことがセンセーショナルに取り上げられたのは、
実力者たる証明でもあるのだが、
そこで足を引っ張るのはやはり
珍名故の悲しさなのである。
というわけで前途に暗雲が立ち込める形となった吐合。
幕下付け出しデビューでの成績が気になるところだが、
4勝3敗と勝ち越す。
大相撲に適応できず、地位を下げる学生出身力士も
少なくない中で、上々の滑り出しと言えるだろう。
そして翌場所も4勝3敗で勝ち越し。
幕下5枚目に地位を上げ、いよいよ十両、
いよいよ本領発揮、と
吐合フリークは思っていた。
しかし、全日本選手権で味わったように、
吐合には思いも掛けない試練が与えられたのである。
続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)