亀田三兄弟型の21世紀型ヒールと、朝青龍型の20世紀型ヒール。最新ヒール事情と、今後アスリートとして在るべき姿を考える。後編。

亀田三兄弟に対する周囲の目が非常に厳しい。
彼らは確かにアンチが多く、ヒール(悪役)としての
立ち位置になることが多い。
しかし、私が今まで思っていたヒールとは
少し異なることに気付いた。
朝青龍のような、20世紀型のヒールは
大前提として圧倒的に強く、それ故に言動が奔放になり、
結果としてメディアから批判を集めることになる。
だが、亀田三兄弟のような、21世紀型のヒールは
実力は有っても圧倒的でなく、第一人者ではないものの
スーパースターのようにメディアから持ち上げられる。
結果的に言動が奔放になり、そのギャップに観ている側は苛立ちを覚える。
私がそもそもヒールに対して求めていた素養と、
そして彼らがヒール化した理由は全く異なる背景が有り、
だからこそヒールとして物足りないと感じた。
考えてみると、20世紀型のヒールは既に今の日本には存在しない。
今居るのは、21世紀型のヒールだけなのである。
では、20世紀型のヒールは、何故姿を消したのか?
そこにこそ、今在るべきアスリートの姿が有るのかもしれない。
そんなことを考えていると、一つの事実に気付いた。
今の日本人スポーツヒーローの多くが、
昔であればヒールだったのではないか?ということである。


例えば、イチロー。
例えば、本田圭佑。
例えば、ダルビッシュ有。
彼らはまず、アスリートとして圧倒的である。
そして、言動が奔放である。
そう。
異なる点は、メディアからの批判を浴びていない
ということである。
かつてであれば、彼らはヒール化していたかもしれない。
だが、そうではない。
落合博満やジャンボ尾崎と、彼ら3人はいったい何が違うのか。
答えは単純。
海外で結果を残しているのだ。
圧倒的な成績を残しながら、不遜な態度を取る。
人間としても高いレベルを求めるがために
態度が気に入らないのでアンチ化していったのが昔だ。
だが、今は違う。
同じ行動を取っていても、彼らは高い意識を持ち、
常に挑戦し続けている。
その選択は恐ろしく自分に厳しく、
不遜な言動として捉えられることは全てが
自分や他人に対する意識レベルの高さから来るものだからである。
ただ単に彼らは偉そうなわけではない。
それだけのことをしているし、その言動にも一本筋が通っている。
我々は正に、そうしたものをアスリートに求めている。
勿論そうした彼らの態度に対して反感を覚える人も居る。
しかし、自分に厳しく、一本筋の通った彼らのキャラクターを
ドキュメントとして目撃し、更に結果を残したとなると
たとえ嫌いであってもその真摯な姿勢は認めざるを得ない。
というより、そうした人間のことは嫌いにはなりにくいのだ。
20世紀は、国内スポーツと言う次元で完結していた世界が、
今はワールドワイドに拡大されてきている。
そして、そうした活躍をしなければ広告価値も
認められにくい状況になっている。
自らの限界に挑むこと。
たとえ不遜であってもそこに一本筋を通し、
生き様を見せること。
そういうものが求められているのではないだろうか。
振り返って相撲界は、世界的な活躍と言う意味では
不可能な状況ではある。
だとすれば、この閉鎖された世界の中で凄味を見せるか。
閉鎖されているからこその凄味を見せること。
これに尽きると私は思うのである。
◇特報◇
Facebookページです。
限定情報も配信しています。
https://www.facebook.com/nihiljapk
◇特報2◇
「幕下相撲の知られざる世界」として、
年賀状を作成しました。
ご希望の方は、プロフィール欄のメールアドレスに
住所氏名をご送付ください。

亀田三兄弟型の21世紀型ヒールと、朝青龍型の20世紀型ヒール。最新ヒール事情と、今後アスリートとして在るべき姿を考える。後編。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 無責任男 より:

    成功者を必要以上にありがたがる傾向もあるのかな、と思います。
    また、海外での成功はナショナリズムも関係あるのかなと。
    自分が成功した訳でもないのに、やたら同属として誇る所に違和感を覚えますが、まあ、人それぞれですね。
    一度失敗したら再起できない、人生はクソゲー、と文句や未練を抱きつつ、失敗を過度に恐れている向きがあるように思います。
    成功者は絶対のロールモデルであり、抑圧されており、自分の意見を押し通せる実力者は、夢の存在なのではないかと。
    彼等のそれは、並々ならぬ努力の賜物ですが、そこは真似しないんですな。
    楽してダルビッシュになりたい。
    A.無理です。
    戦力外を受けた野球選手のドキュメンタリーを見ると、夢に破れた転落者(それに付き合わされる家族)みたいなドラマを見ますが、あれは世のサラリーマンに失礼な気もします。
    表向きクリーンなスポーツマン、何かにつけ「ファンの子供たちのために」なんて綺麗事で、自分の権利や給与を守ろうとする。
    そんな選手、最近多いですよねえ。
    それなら人間味あるヒールの方が好感持てますが、中途半端な小者の傲慢は、ネットで袋叩きにされますね。ここぞとばかりに。
    誰も彼も自己防衛で「良い子ちゃん」を演じざるを得ない。
    最近は、高校球児も政治家みたいな発言をします。
    ちょっと残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)