チケット完売で落ち込む方に朗報!当日購入可能な「当日自由席」を寒空の中買いに行ってみた。中編。

注意不足としか言いようのないミスで、
7日目のチケットを逃してしまった私。
はるか三重から国技館まで駆けつける、
読者の方の心意気に何とか応えたいと思い、
頭をひねって考えてみたところ、
実は抜け道が有った。
当日自由席。
国技館の一番外側の席について当日販売されていることを
思い出した私は、有り難い救済措置に甘えてみることにした。
だが、これが甘くはない。
チケットの発売は、当日朝8時。
並んでギリギリなのが、7時前後との情報も入手した。
余裕をもって、6時半。
だとすると、家を出るのが5時半。
つまり、5時起床。


何故私は休みの日にいつも以上に早起きせねばならないのか。
しかも、この季節は半端なく寒い。
その上日頃の勤務で疲れ切っている。
早起きをキメて国技館の前で1時間半も並ぶには
過酷な条件が揃いすぎている。
もういいんじゃないか?とも思う。
こんな思いをしてチケットが取れなかったら
それこそどうかしている。
だが不思議なもので、この理不尽な状況は
私のテンションを高揚させる。
知られざる世界を探究するのが、このブログの使命。
過去に単身相撲部屋に乗り込み、
スナック愛に乗り込み、
果ては等々力競技場のゴール裏に着物で乗り込んだ私である。
これを見届け、伝えることこそ
醍醐味が有る。
むしろチケットが取れないくらいが、リアリティが有って良い。
目の前で最後のチケットを購入されるくらいが
ブログとしての面白味も有る。
さぁ、どんな発見が有るのか?
テンションが上がった私は、
結局5時前に目が覚め、朝からカレーを食べた挙句、
ズボン下にヒートテックの肌着、マフラーに手袋にマスクに
ニットにダウンジャケットという、完全防備で真冬の両国に向かった。
最高気温6度はかなり洒落にならない。
殺しに来る寒さに鼻をすすりながら
小田急線に揺られる私。
限りなく始発に近い車内は、
朝まで呑んでフラフラのゾンビ達で充満されている。
酒の匂い。
タバコの匂い。
そして、怪しげな匂い。
国技を求めて勤勉な朝を迎えたら、
そこには異世界が待っていた。
さながらシベリア超特急のようなサスペンス。
妙にヒヤヒヤしながら中央線が来ないので
総武線に乗り換え、飯田橋を通過して両国に到着した。
この頃既に消耗していた私ではあったが、
いよいよ国技館の前に並ぶことになった。
続く。
◇お知らせ1◇
突然ですが、1月25日(大相撲14日目)に
両国周辺でオフ会を開催しようと思います。
先日国技館に行った際に思いのほか多くの方が
希望されていることを知り、急遽ではありますが
参加希望を募り、ある程度の人数に達したら
準備したいと思います。
ご希望の方はプロフィール欄のアドレスを参照のうえ、
メールをご送付ください。
お待ちしております。
◇お知らせ2◇
Facebookページです。
限定情報も配信しています。
https://www.facebook.com/nihiljapk
◇お知らせ3◇
相撲Wikiを作成しました。
相撲観戦の充実のためにも、是非書き足していただければ、
と思います。よろしくお願いいたします。
http://w.livedoor.jp/sumo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)