鶴竜は、白鵬と勝負するスタートラインに立った。白鵬は、遂に鶴竜を潰しに来た。怖い白鵬は、やはり強かった。

先ほどの取組を観ていただろうか。
鶴竜は、今場所取り続けてきた当たり前の相撲を取り切った。
白鵬は、ここ一番で張り手を出して、隙を与えてしまった。
鶴竜の普段通りの相撲が、白鵬の隙を突く形となり、
鶴竜が勝利した。
鶴竜はこの一世一代の大一番に呑まれなかった。
白鵬に勝った、というより自分に勝った一番だった。
白鵬に敗れる力士の多くは、普段着の相撲を取れない。
つまり、鶴竜は勝つためのスタートラインに立てたのである。
だが、決定戦の白鵬を覚えているだろうか?
白鵬は、汗を拭かずに出てきたのだ。
これでは、鶴竜は白鵬を捕まえられない。
そう。
キラー白鵬が、鶴竜を潰しに来たのだ。
時間前に、腰を下ろさない白鵬。
今の白鵬は、本割の時とは明らかに違う。
この時点で、勝負有った。
過去に27回優勝している大横綱の凄味を見た。
そして、更に1回の優勝を積み重ねた。
このような力士を、一体誰が止められるというのか。
凄いものを見せつけられた、優勝決定戦だった。
◇お知らせ◇
Facebookページです。
限定情報も配信しています。
https://www.facebook.com/nihiljapk

鶴竜は、白鵬と勝負するスタートラインに立った。白鵬は、遂に鶴竜を潰しに来た。怖い白鵬は、やはり強かった。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 貴ファンの大学生 より:

    同じように感じました。
    その強さを笠に着ることなく、協会を敵に回さない優等生横綱としての顔。
    意固地な相撲道や馬鹿正直に受ける横綱相撲にこだわることなく、挑戦者をねじ伏せにかかる勝ちに貪欲なアスリートとしての顔。
    実力もさることながら、清濁静動併せ持つ、完成度の高い力士だと思います。
    その二面性を駆使してどこまで登って行くのでしょうか。

  2. nihiljapk より:

    優勝は慣れられるもの、という観念がそもそも凄いです。
    優勝決定戦で飲まれない、むしろ相手を飲む。
    恐ろしいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)