日馬富士から相撲を奪わずに、罪を贖う処分を切に求める理由。

日馬富士の暴行事件。
信じ難いし、信じたくない。
だが、これは事実だという。
事件の詳細についてはこれから解明される。是非の判断はそれからでも遅くはないが、事実は大枠で出揃っているので、それほど印象が変わることはないのではないかと思う。
私にとってこの事件の論点はもはや、有罪か無罪かでもない。そして、罪の多寡でもない。そういうことを論じる段階は、もう過ぎている。
問題は、日馬富士が相撲を辞めるか否か。
この1点に集約されると私は思う。
不祥事が起きた時、重要なのは誰もが納得する処分を下すことだ。組織内部や業界内の力関係など、絶対に持ち込んではならない。そして狭い世界での理解ではなく、一般人の側に立った判断をせねばならない。業界内の論理に立脚した処分など、大甘裁定に見られることは確実だからだ。
では、日馬富士とは世間的にはどのような評価なのだろうか。以前調査したことがあるのだが、大抵の日本人は日馬富士を知らないということが判明している。そして、知っている方でもモンゴル人横綱だという程度の理解だ。更に踏み込んで知っている方でも、小兵であることくらいまでの理解に留まっている。
つまり、日馬富士を知らない方や、日馬富士をざっくりとしか知らない方を納得させねばならないのである。
これが例えば白鵬ならば世間は彼の実績を知っているので、受け止め方はもう少し同情寄りになることだろう。相撲ファンは日馬富士の素晴らしさを知っている。だからこそ、寛大な処分を求めたくなる。
だが世間にそれを説明しても、理解を示されることはないだろう。馴染みのないモンゴル人力士が同じモンゴル人をビール瓶で殴ったという話を聞いて、一体誰が情状酌量を求めるというのだろうか。
世間を知らない相撲協会に危惧しているのは、ここで甘い処分を下すことである。確実に火だるまになることが想像できるからだ。もうおおらかな時代ではない。何事にも公明正大さを求められ、期待にそぐわぬ結果が出ればニュースとインターネットの激しい反発を招くことになる。そして、更なる混乱を招くことになる。
炎上した後で世間が求める処分を下すことだけは、何があっても避けなければならない。最初の処分を誤らなければ、最悪の処分を受けることはないだろう。私が日馬富士に厳格な処分を求めたのはそういう理由からである。
恐らく今回の事件の処分として最も厳しく、誰もが納得するであろう処分は、日馬富士から相撲を取り上げることだ。引退でも廃業でも、彼の命と言うべき相撲を奪うのであればそれ以上の文句は起きないことだろう。それ以上に奪うものは無いし、最も日馬富士がダメージを受けることになるからだ。
そう考えると、事態の収束をメインで考えるならば引退や廃業が一番効果的であることは間違いないのである。ただ、その決断は大相撲にとっての恩人を切り捨てることを意味している。事態は収束へと向かうが、日馬富士は永遠に帰ってこない。
それで、いいのだろうか。
それしか、ないのだろうか。
どこかに無いだろうか。
日馬富士を引退させずに、誰もが納得できる処分は。
私は今、そればかりを考えている。
相撲を奪うのは簡単なことだ。しかし、相撲を奪う以外の選択肢もあるはずなのだ。そこに説得力を持たせるために、どのような処分とするのか。
例えばそれは、長期間の出場停止なのだろうか。
例えばそれは、降格なのだろうか。
日馬富士が苦痛に身をよじらせなければならない。それを誰もが理解せねば「甘い」と指摘を受けることになる。半端な処分では駄目なのだ。茨の道を歩まねばならぬのだ。
ただそれが、引退でなければ良いと私は思う。日馬富士が大相撲に貢献し続けてきた力士だからではない。ここで引退すると、死ぬまで名誉挽回する機会は得られないからだ。
ここで相撲を取り上げたとしたら、日馬富士は暴力沙汰を起こして引退したモンゴル人力士ということでしか語られない人物になるだろう。その罪を背負い、悔い、生きるだけの人生になるだろう。
今回の罪は許されることではない。だが、全てを奪わねば贖えないものなのだろうか。力士を続け、後ろ指を差され、それでも土俵に上がり続け、生き様を見せることで償う罪も有るのではないだろうか。私は日馬富士がその価値のある力士だと信じている。彼の相撲に心動かされてきた一相撲ファンとして、相撲を取り続けることで謝罪してほしいと思っている。
相撲を奪わずに、痛みに耐える処分。これこそが日馬富士に求められることではないかと思うのだ。
八角理事長にお願いしたい。
どうか、ご一考を。
◆トークライブのお知らせ◆
12月2日18時より錦糸町丸井のすみだ産業会館でトークライブ「第4回幕内相撲の知ってるつもり⁉︎」を開催します。今回のテーマは「数字で振り返る、2017年の大相撲」です。今回は土曜日に行いますので、普段来られない皆様もふるってご参加ください。お待ちしております。
なお、参加ご希望の方は以下の予約サイトよりご登録下さい。
トークライブの予約サイトはこちら。
◇Facebookサイト◇
幕下相撲の知られざる世界のFacebookページはこちら。
◇Instagram◇
幕下相撲の知られざる世界のInstagramページはこちら。

日馬富士から相撲を奪わずに、罪を贖う処分を切に求める理由。” に対して1件のコメントがあります。

  1. TCE000 より:

    コメントさせていただくのは初めてです。自分も吐合という力士にはそれなりに思い入れがある30代男性でブログいつも楽しく読ませていただいていました。
    同じ意見です。日馬富士と相撲をずっと見てきた一人としては相撲を見たこともない意地悪のはけ口を探し回っているような人たちなんかにあの日馬富士がぼろぼろにされ引退させられる未来だけは訪れないように願うばかりです。
    相撲ブームや世論なんていう一過性のものに迎合して、ここでただ日馬富士を切り捨ててしまうという、しこりが残る解決方法を安易に選択してしまうと本当に相撲が好きな人たちを裏切ってしまうと個人的には思います。
    世論という粗を探して喜ぶ魔物に従うと、絶対に誰もハッピーエンドは迎えられません。加害者も被害者も相撲ファンも、この場所に残る人たちの全てが。
    身内に甘いといわれようと相撲協会には日馬富士が親方になる予定がないからと切り捨てず、どうか身内としてかばってくれることを切に願っています。

  2. sinnen_wh より:

    初めてコメントさせていただきます。
    幕下相撲の知られざる世界のファンであり一人の相撲ファンとして言わせて頂きたい。
    日馬富士から相撲を奪わないで欲しいと願う気持ちは痛いほどよく分かります。
    ですが被害者である貴ノ岩の相撲人生どころか命すら危ういかもしれないのです。日馬富士を思ったり相撲協会うんぬん言うよりもまずは貴ノ岩の無事を祈ってあげてはくれませんか。

  3. 道化師 より:

    非常に気持ちは良く分かります。
    これは日馬富士本人だけの責任ではない
    それは確実に言えることです。今回のことは
    角界全体の問題であると思います。
    だからこそ日馬富士を引退させてハイ、おしまい。
    では何の意味も無い。それではまた同じような事が
    確実に起こりますよ。なので今後の日馬富士の扱い
    も大事ですがそれ以前に角界全体としてどうしていくのか?
    そこが一番大事なところだと思います。逆にそこで
    しっかりとした回答が出せれば日馬富士の処分もただ
    切り捨てるだけにはならないと考えています。

  4. yama より:

    物凄く気持ちはわかりますし
    これで第一人者が去らないといけないというのは良くないと思うのですが
    今回の事件を十両力士が同様の事をした場合どのような処分になるのだろうか。
    というのは気になります。
    罪の重さが地位によって変わるのは気持ちはわかりますが
    それはおかしな事で
    それだったら普通の法律も
    「お金持ちはたくさん払っているから刑は軽くしよう。」
    「生活保護は社会に貢献していないので刑は重くしよう。」
    みたいな考えになってしまいます。
    正直ぼくも今回の落とし所(やったことに対するペナルティ)がよくわかりません。
    朝青龍のサッカーが停止2場所なので、それより軽いのは難しいような気がしますが
    2008年の豊桜は日馬富士より酷いのに出場停止なしですのでそれなら来場所OKになります。
    そのラインはこれを気にはっきりしてほしいと思います。

  5. 角界を見届ける者 より:

    私は日馬富士、日本相撲協会の双方に厳罰を望みます。
    今回の事件もスポーツ紙がスッパ抜かなかったら隠蔽するつもりだったのか?との疑念が拭えません。
    事件後すぐに公表していれば日馬富士への処分に対して相撲ファン、世間の心象も違ったはずです。
    結局時津風部屋の事件以降も角界の根本は変わっていなかったのか、と非常に残念な気持ちです。
    最後に、貴ノ岩関が再び幕内の土俵に戻ってくることを願ってやみません。

この投稿はコメントできません。