男装アイドル「風男塾」の、日本相撲協会公式ソングについてどう思うか。後編

5月15日に発売された、風男塾という
男装アイドルの楽曲が日本相撲協会公式ソング
ということも有って話題を呼んでいる。
アイドルとしての知名度という意味で言うと
今売り出し中ということも有って
AKB48やももいろクローバーZと比較すると
現時点ではそこまで高くない。
だが、そんなアイドルだからこそ
当事者意識の高いファンに対して
相撲を訴えかけやすいというメリットが有る。
そしてそのファンの数がかなり多いというのも
相撲協会にとって非常に大きい。
全く新しいファン層の発掘という、実利有るメリット。
そして、この試みにはもう一つ重要な意味が有る。
腰の重い、大相撲協会が変わりつつあるということである。


最たるところで言えば、デーモン閣下が
あれほど相撲に対する熱と愛情を持ちながら
いつまで経っても認められてこなかったことである。
個人的にはラジオのジングルなどで使っていた経緯から
大徹を始めとする力士達との交流が有ったとは聞くが、
NHKなど大相撲協会の息のかかったメディアへの
出演と言うことになるとストップが掛かっていた。
故に膨大な知識のベースにあの独自の解釈を加えた
相撲観について知るきっかけは、
自ら掴みに行く以外は無かった。
最近はNHKでもデーモン閣下が出演することも増え、
相撲の魅力を知る入口としてはこれ以上ない程
理想的な存在となっている。
そして、今回の風男塾である。
相撲とアイドル。
相撲と女性。
どちらを取ってもミスマッチで、
むしろ女人禁制という伝統ある世界である。
太田房江元大阪府知事が土俵に上がりたい、
と言った時に断った経緯すらあるのだ。
ちなみに女人禁制と今回の話は直接的に
関わりはないのでその是非はまたの機会にしたいと思う。
そんな世界に於いて、アイドルとのコラボレーションを
実現してしまうのだ。
既存の相撲ファンからすれば、拒否反応が起きても
致しかた無いところであろう。
誤解無きよう断っておくが、このような反応は
風男塾だから起きているのではない。
女性アイドルだからである。
だが大相撲協会は、こうしたリスクを顧みずに
広報活動に乗り出している。
これは本当に重いことである。
一体なぜ、大相撲協会を動かしたのか。
あくまでも私見だが、風男塾の今回の楽曲とパフォーマンスの
質の高さがその一因ではないかと考えている。
考えてもみてほしいのだが、大相撲協会公式ソングとして
アイドルの楽曲を使うとなった時、
優れていなければどのような反応が予想されるだろうか?
袖の下を貰っているのではないか?
枕営業が有ったのではないか?
コネで断れなかったのではないか?
そう。
こうした不名誉なことが疑われるのである。
ましてや売り出し中であって、現状で発展途上な存在なのだ。
憶測が様々な憶測を呼ぶ状態になるのは必至である。
こうしたリスクすら内在しているのに、
風男塾を起用した。
優れているからいいじゃないかと言われて
納得出来る質の高さが有るからこそ、
こうした詮索をする必要も無い。
これは、相撲ファンとしては嬉しいことである。
アイドルに興味の無い私ではあるが、今回のことは
風男塾に対して親近感を抱くことになった。
恐らく今後彼らがメディアに登場すれば
好意的に見ることになるだろう。
最後に余談なのだが、相撲のフリーペーパーTSUNA
主宰のイベントでも話題になった、
「RIKISHI-MAN」のプロモーションビデオ。
これは破壊力抜群である。
何が凄いか。
中盤から登場する力士達の表情である。
力士のオフショットのほのぼの感は、
あらゆる意味で「萌え」という言葉に集約される。
何をしていても、つい笑顔になってしまう。
普段あれほど厳しい戦いをしている彼らの
人間としての表情を見ていると、本当に幸せな気分に成る。
会議室のようなところで踊りながら唄う風男塾を眺める
力士一同という場面は、必見である。
風男塾と力士の温度差も面白いが、
段々と「楽しんでいいんだ」という感じで
表情の綻びる力士達の生の表情を見てほしい。
これぞ、力士萌え。
ゆるキャラとしての力士の魅力を堪能してほしい。
◆お知らせ
6月中旬~下旬の土日で、北の湖部屋の稽古見学に
行こうと思います。
興味が有る方は、右側プロフィール欄もしくは
コメント欄にメッセージ頂けますようお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)