Number webに「稀勢の里の相撲と雰囲気が変わった。 超人と凡人が同居する横綱から今は。」を寄稿しました。

かつての大相撲人気と、そこで語られなかった大相撲。

9月場所の稀勢の里について、Number webに寄稿した。

記事はこちら。

この記事が書けたことを私はただ、嬉しく思っている。

横綱の肉体とスキルを持ち、一方で幕下のメンタルを兼ね備える稀勢の里は、当サイトが7年間追い続ける存在だったからだ。

「幕下相撲の知られざる世界」というタイトルは、2015年に吐合さんが引退してからもはや屋号と化しているのだが、書いていることやクローズアップしたいことは当時と変わらない。

2013年から大相撲の人気が回復途上だった頃、注目されるのは女子に向けての相撲やライト層に向けての相撲だった。そしてその狙いはある意味で当たっていたのだが、私が考える面白さを伝えるメディアや記者は居なかった。

只のブロガーだった私には、それがもどかしかった。

もっと多くの方の琴線に触れる大相撲が有る。だが、それは日の目を見ることは無かった。

稀勢の里をNumberで書ける喜び

だが、考えてみるとこれはチャンスだったのかもしれない。結局今のところ、私が書きたい大相撲や稀勢の里を書く者は現れなかったのだから。

誰も書かぬなら、私が書けばいい。

そうやってブログを運営し続けてきた。

仕事として記事を書かせてもらえる立場になり、いつかは書きたいと考えていた記事ではあったのだが、困ったことに肝心の稀勢の里が引退の危機を迎えていた。

当の私でさえ、9月場所が始まる前は明るい未来を少しも描けずに居た。恐らくそれは、殆ど全ての相撲ファンに共通したことではないかと思う。

だが、蓋を開けてみると、稀勢の里は復活した。しかも、これは只の復活ではなかった。

私はその重さを書きたかった。何としてても書きたかった。

こうして誕生したのが、今回の記事である。

新たな稀勢の里の誕生と、この記事が書けたという二つの喜びを私は感じている。是非、ご覧頂きたい。

■お知らせ■

1.10月24日21時から、Youtubeで配信を行います。時間になりましたら以下のURLにアクセスいただけますようお願いします。
また、以下のチャンネルには過去の配信動画がございます。チャンネル登録いただけると新規動画が追加される度にお知らせ可能ですので、是非ご登録ください。

「幕下相撲の知られざる世界」youtubeチャンネルはこちら。

2.現在発売中の女性自身にインタビューが掲載されています。貴乃花関連記事です。是非ご覧ください。

3.12月1日18時より、トークライブを錦糸町すみだ産業会館で開催します。今回は無料ですので、お気軽に足を運んでくださればと思います。

予約の仕方が分からないなど、ご不明な点がございましたら、masushitasumo@gmail.comまでご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)