稀勢の里グッズで一つも売れなかった、あのいやげものを買ってみた。

大相撲2日目を迎えた月曜日。

私の元に、多くの方が同じ知らせをしてきた。

「西尾さん、こんなに稀勢の里が人気なのに、一つも売れていないグッズがあるらしいですよ。」

 

当ブログを長くご覧の方は知っていると思うが、私は国技館の誰も買わないような土産物、通称「いやげもの」を買い集めている。

古くは高見盛皿に始まり、文字が小さすぎてほぼ見えない白鵬キャップ、瀬戸物で5000円もする(ただし50%オフ!)琴奨菊フィギュアなど、実家に帰るとそういう代物が所狭しと顔を並べている。

もう一体この大人の遊びにいくら費やしたことだろうか。一時の笑いのために、私はどれだけの無駄をしてきたのだろうか。そう思うと何だか清々しい気分だ。

そもそも無駄か有意義かというのはその人が決めることだ。宝飾品に金額を費やす女性のことを男性が理解できなかったり、翻って高級車に金を掛ける男性のことを女性が理解できなかったりと、性別や年齢、これまで培ってきた背景によって是か非か判断が別れる。

そう。
誰しも納得する金の使い方などあり得ないのである。

ならば徹底して自分が納得し、自分が楽しい浪費をしてやろうではないか。私にとって楽しい金の使い方。それこそが、誰もが買わないような国技館の土産を並べて大笑いすることなのだ。

そういう私のことをよく知る方は、事ある度に面白い土産を紹介するようになった。そして今回のターゲットは遂に、国技館でのいやげものという概念をスポーツ紙で紹介するに至ったほどの大捕物である。

スポーツ報知によると、それはどうやら新商品であるようだ。少なくとも私はこれが売られていることを知らなかった。稀勢の里グッズでも売れないものは何かと聞かれれば、迷わず私は稀勢の里携帯クリーナーと答えていた。

あれはリアル表現を追求するがために、あろうことか稀勢の里の取組前の表情をなんと写真を張るという方法で表現した代物であった。

リアル表現はいやげものの王道だ。気合いを入れる高見盛を写真で貼り付けた高見盛皿はその典型だ。リアルに表現することが何故これほどまでにリスクかと言えば、商品として上手に形にしなければ単に不気味という印象を与えやすいからだ。

だからこそリアルさを追求するのであれば、表現方法が重要なのだ。何の工夫もなく単にリアルなだけでは不気味さが際立ってしまう。避けるべきは不気味ではない表現ということである。

と、ここまで長く話してきてわかっていただけたと思うが、リアル表現で素晴らしい土産を作るには、不気味さを中和する工夫が必要だということである。難しいことだ。だが、土産物業界は何故か、すぐにリアル表現をしたがるのである。

そして今回も多分に漏れず、彼らはリアル表現という手法に出てしまった。いやげものの購入を4年も続けていると、リアル表現の地雷度はなんでも鑑定団の横山大観の作品と同じくらい高いことを心得ている。

不気味すぎて売れないと店員が嘆き、当日私が商品名を伝えたら爆笑されてしまい、支払いの時に会話にならなかった、その商品を今ここで紹介しよう。

見よ。
この不気味さを。

2場所連続優勝で人々を感動させたヒーローの造形ではあるのだが、そして、同じ顔であるはずなのだが、一体どうしてこんなことになってしまったのだろう。造形にある種の美があるはずなのに、魂の所在が不明確だと不気味なのは最近話題のドラマ「あなたのことはそれほど」に出てくる東出昌大の怪演で十分理解している。

魂の無い稀勢の里はここまで恐ろしいのか。では、寝ている稀勢の里は怖いのだろうか。寝起きの稀勢の里も怖いのだろうか。疑問は尽きない。

このまま使ったのでは、子供達は泣き叫ぶことだろう。大人達は笑いにも使えないことだろう。パーティーグッズにもならない、なまはげにもならない。世の中でこの土産物を有効活用する手段は、ネタにならないことをネタにすること。この1点だけである。

つまり、私がこうして記事を書くことだけなのだ。
5月22日のトークライブでは、当然これを持参しようと思う。
参加される方は、是非記念撮影していただきたい。
それが正しい楽しみ方なのだから。

◇お知らせ◇
5月22日 20:00より阿佐ヶ谷「ろまんしゃ」でトークライブ「幕内相撲の知ってるつもり⁉︎」を開催します。参加料は、ワンドリンク付きで2000円です。もう満員間近ですので、場合によってはお断りする可能性も有りますので、参加をご希望の方は、お早めに以下のサイトよりお申し込みください。
▪️予約サイトはこちら▪️
予約サイト

◇Facebookサイト◇
幕下相撲の知られざる世界のFacebookページはこちら。
◇Instagram◇
幕下相撲の知られざる世界のInstagramページはこちら。

稀勢の里グッズで一つも売れなかった、あのいやげものを買ってみた。” に対して1件のコメントがあります。

  1. search_net_box より:

    せっかくですから、白鵬マスクと稀勢の里マスクでやりましょうかw
    と、敢えて? ここに書いてみますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)